経済経営系のニュースをチェックしよう

近年、日本における経済情勢は日々変化しており、そうした状況は企業の経営にも大きな影響を与えています。多くの企業では多角的な経営をしており、経済の状況変化について機敏に対応することが求められています。時代の荒波に乗り遅れることなく、常に時代の最先端を行くことが現代の企業に求められていると言っても過言ではありません。
こうしたことから経済経営系のニュースには常にアンテナを張っておくことが多くの企業にとって重要となります。同業他社の動向はもちろんのこと、日本における景気の動向や、世界の経済情勢などの情報は企業活動をする上で必要不可欠な情報となります。こうした情報を逐一入手することにより企業に対して何が求められているのか、どういったニーズがあるのかといった情報をリアルタイムで把握することができます。こうした情報をいち早く把握ができれば時代に後れることなく、将来に向かって安定的な経営を持続していくことができることとなります。
そうした経済経営系のニュースはかつては新聞や雑誌などによって入手することが一般的でした。しかしこれらのアイテムでは常に最新の情報を手に入れることはできません。これらは原稿が作成される段階から情報が発信されるまでにかなりのタイムラグがあります。昔であればこうしたタイムラグでもそれほど影響はありませんでしたが、今は情報の早期入手が企業活動する上で必要不可欠であるため、タイムラグの発生は企業にとっては致命傷となります。そこで現代において多くの企業が利用しているのがインターネットです。インターネットでは様々な経済経営系のニュースをリアルタイムで発信していますので、常に最新の情報を入手することができます。しかもインターネットの環境が整備されていれば、いつでもどこでも誰でも簡単に入手することができるため多くの企業がインターネットを活用しています。インターネットでは経済経営系のニュースを扱う専用サイトも多く開設されており、多くのサイトではコンテンツが充実していて、確かな情報を満載して発信しています。
経済経営系のニュースは初心者にとっては分かりにくい分野と言われますが、インターネットのサイトでは初心者でも分かりやすいように提供していることも特徴です。例えば難しい経済用語などが出てきた場合には、それを豆知識として簡単に紹介するなど、初心者でも利用しやすいアイテムとなっています。

経済経営系のニュースは重要

現代の生活では、経済や経営に関するニュースを知ることは、多くの人に必要なことです。例えば、学生が就職活動をする際には、企業の業績について知り、つぶれそうな会社は避けることが望まれます。また、投資家の立場から見れば、経済経営系のニュースは、収益を決める大きな要因になります。会社員であっても、今後の経済や金融の動きを予測し、仕事に役立てることができることは、重要なスキルです。このように、経済や経営のニュースに詳しいことは、多くの立場の人にとって、とても重要なことです。

まず、学生にとって、経済経営系のニュースは重要です。学生の多くは、高校や大学、専門学校などを卒業後、企業に主食をします。その時に、経営系のニュースに詳しくなければ、業績が傾いている企業に、就職しかねません。また、今後の産業の動きを予測して、自分に必要なスキルを身につけるためにも、経営ニュースの理解が推奨されます。学生のうちは時間があることが多いので、ニュースだけではなく、本や論文を大量に読むことで、根本的な知識を身につけることができます。

投資家にとって経済や経営のニュースを知らないことは、大きな損失を発生させてしまう原因になります。投資家の多くは、株式や債券で投資をしています。これらの金融商品の価格は、経済ニュースから大きな影響を受けます。経済ニュースを知り、今後の予測を的確にすることで、資産額を増やすチャンスになります。また、不動産投資の場合にも、経済系のニュースは重要です。土地価格のバブルの発生や崩壊など、ニュースでチェックしていなければ、大きな損失が出ていても、それに気づかないことになりかねません。

経済経営系のニュースを知るためには、テレビだけでは不十分です。新聞や雑誌では、ニュースが報道されているだけではなく、分析もされており、大いに参考になります。また、海外のニュースをチェックすることで、客観的に日本の状況を確認することができます。経済経営系のニュースを詳しく知るためには、基本的な知識を持っていることも大切です。そのため、普段から、経済学や経営学の本などを、読んでおくことも推奨されます。

今の人間の生活には、経済や経営に関することは、大きく影響しています。給料の変化だけではなく、将来的な会社の業績なども、ニュースに影響を受けるときがあります。現代の状況を分析し、今後の予測をするためにも、経済経営系のニュースチェックは、欠かすことができません。

バブルという時代

バブルという好景気、超売り手市場という時代に就職し、その後経済が急失速し失われた20年という真逆の時代も生きてきました。波が大きい時代の真っ只中を生きてきたことによって日本の経済経営の本質を見てきた気がします。
私が就職した頃は昭和の末、ジャパンアズナンバーワンという言葉がもてはやされ、日本の経済経営が世界の中心にあった頃でした。その後バブルがはじけ、長い経済経営の漂流の時代へ突入、今はアベノミクスの恩恵もあり経済は久しぶりの上向き傾向にあると言われています。
私自身は、企業人として、所属する組織の目標の達成だったり、不良債権の回収・償却処理だったり、人財育成だったり、自分自身のスキル改善だったりと相当に中味の濃い30年を過ごしてきたといえます。
大学在学時代に日本的経営とは何かといったテーマのゼミナールに所属し、企業の経営はどうあるべきか等と論じあってきたものでしたが、研究対象である日本的な経営の特徴として、終身雇用制度、企業内労働組合に所属し労使協調路線を敷くこと、年功序列の評価制度、といったことが列挙されていたことを記憶しています。
大学卒業からちょうど30年という節目となりますが、たった30年という時間と敢えて思うのですが、日本的経営の象徴ともいうべき日本のノウハウが全て霧散してしまったとも思えるのです。就職時に入社した事業所に定年まで勤めあげる割合はいくら程度なのでしょうか。私は企業の採用担当事務をしていたことがありましたが、中途採用面接において履歴書に書き切れないほどの勤務歴を記載してくる応募者はザラでした。年功序列の評価制度は目標管理制度の旗が振られると同時にあえなく制度が瓦解してしまったような気がします。こういった状況をつぶさに見てくると日本企業は人にやさしい経営を捨ててしまったかのようなイメージさえあります。
数年前に労働者派遣法が改正され、製造業に派遣労働を解禁してしまったこと、これはミステイクだったのではないかと思っています。第二次産業の中核ともいうべき製造業で非正規雇用を認めてしまえば、労働市場において流動化が起こってしまい、所得格差が生まれ、消費にも結び付かなくなりデフレスパイラルの遠因ともなりうると考えたからです。とはいえ、いったん決定され施行されている法律には従っていくほかはなく、労働者の自助努力によって道を切り拓いていくしかない、と考えます。30年前と比較して労働者のスキルを改善する機会は飛躍的に改善されているのは幸せなことなのです。その気になれば、どんなことでも簡単に学べ、スキルを身につけることができることをプラス思考に考えなければいけません。この時代に生きている者としてチャレンジする精神を持ち続けることが最も大切なことと思うのです。

 

経営者は世の中に敏感であれ

「経営は結果である」とは著名な経営評論家が話していた言葉ですが、どんなに頑張って必死に仕事をしても結果が伴わなければ結局「なにもしてない」ことと同じという意味です。「結果」とは簡単に言ってしまうと「儲け」のことで「利益」のことです。これは企業の規模に関係なく究極的な名言です。なぜなら、利益が出ていないなら企業は存続することができないからです。
企業は売上げから経費を引いて残ったものを利益として計上して成り立つことができます。もちろんこの企業とは民間のことですから公的な企業は例外です。公共企業は利益とは関係なくただ運営しているだけで利益のことを考える必要はありません。ですから、言葉は悪いですが、努力をしてもしなくても勤務時間の間を無事に過ごしていれば事足ります。しかし、それで成長することはありません。なぜなら、倒産することがないからです。なくなることがないからです。
企業は倒産という恐ろしい事態から逃れるために日々努力、工夫をしています。反対に言うなら努力、工夫をしないなら簡単に倒産してしまうのが企業の実際に置かれた状況です。ですから、企業経営者はいろいろなニュースに常に目を光らせアンテナを張っている必要があります。少しの見逃しが命取りになる可能性もあるのが経営の厳しさです。ですから、経営者は世の中で起きていることに敏感であることが必須の要件ですが、一人で情報に対処するのは限界があります。
その限界を取り除く工夫をすることさえ経営者の努めです。そのためには的確な情報を提供してくれるような人材やシステムを構築することが大切です。人間というのは所詮能力はたかが知れていますが、その能力を補う方法を考える知恵を持ち合わせているのが人間の凄さです。才能のある経営者はそうしたことにも長けています。
ニュースがどれほど重要であるかはちょっと周りを見渡すならすぐにわかります。例えば、若い女子がスマートフォンで写真撮影をすることにはまっていることを知っているなら、飲食業の人は写真映えがするような工夫をします。そうしたニュースを知っている経営者と知らない経営者では業績に多いな違いが出るのは間違いありません。昔から「釣りは魚のいるところでやれ!」という格言がありますが、魚がいるところを常に探す努力はニュースで世の中の動きを注意深く見ていることと同じです。
ニュースはまさしく世の中の動向を探るにの大いに役立つツールと言えます。一般にニュースと言いますと、堅いイメージがありますが、経営者にとっては政治の動きも経済の状況も役に立ち参考になる道具と言えます。

世界の動きに敏感になろう

日本の経済事情は世界の情勢に影響されやすく、いつ予想外の出来事が起こるか予測できない部分も多いものです。それでもできるだけ敏感に世界の動きに反応できるようにしておくことは、経済をよく知る上で大変重要なポイントとなっています。
経済の様子をよく知るためには幅広い分野のニュースを読むことも求められます。一見株価や為替の値動き、企業情報ばかりが注目されやすいですが、実際はエンタメやスポーツといった分野も欠かせない側面があるのです。なぜなら国内で考えれば、エンタメで注目されているような話題は経済にも大きく影響するからです。例えば流行しているグッズがあったとします。このグッズが売れたことによってどういった企業が恩恵を受けているのか、また今後どういった方面に波及していくのか予想することもできるようになります。そうすれば新しいビジネス契機が見えてきたり、今後発展が見込まれる企業の絞り込みもできる可能性が広がるのです。
海外の方がこういったエンタメには敏感で、新しいビジネスができては消えていく中で成功したものだけが残っていくことになります。成功する人の多くは経済の流れに敏感で、タイミングを見極めることができるタイプが多いです。自分の関係する分野にだけ目を向けることがなく、広い視野で物事を判断するため方向性も見誤るリスクが減らせるのです。
日々移り変わっていく世の中のことを知るためには、ニュースをよく読まなければなりません。昔は紙の媒体が一般的でしたが、今はインターネットの普及で世界中のニュースがいつでもどこでも読めるようになりました。そのためこれはビジネスをするものにとって、恵まれた環境が整備されていることになるのです。ちょっとした移動の時間や空き時間でも一つのニュースを知ることができるというのは、大変素晴らしい時代になったと痛感します。
ですがこれは多くの人に共通することであって、その分競争も激しくなってくるという側面があります。競争が激しくなると予測されるのが、経済の流動性の加速です。新しいものができるスピードが加速し、その分失われるもののスピードも速くなっていくのです。失うもののタイミングを見誤ってしまえば取り残されることになってしまいますし、新しいものを作り出せなければ経済の波に乗ることも出来なくなってしまいます。この中で上手にバランスを取りながら、振り落とされないようにしていくことが今後の経済では大切なポイントになってくると予想されます。

日本経済は海外の市場や金融の影響を受けやすい

日本の経済や企業の財務状況は、海外の市場や金融の影響を、非常に強く受けています。大手の企業であっても、国内のみの売上に依存している例は少なく、海外シェアの獲得が大切になっています。また、多くの企業は、内部保留した資金を投資に回し、大きな運用益を獲得しています。仮に、海外の金融市場が値下がりすると、企業の財務状況には大きな負の影響を与えます。実際に企業で雇用されている人だけではなく、企業に投資をしている人も、海外の経済経営系のニュースは、詳しくチェックしておく必要があります。

日本企業で働いている人の多くは、自分を雇用している企業の財務状況を、詳しくは知りません。実際には、多くの企業で投資家向け情報が公開されているので、企業の財務状況は詳しく知ることができます。自分自身が勤めている企業の財務状況を知ることは、転職や独立の良い機会を確認するだけではなく、出世のためにも重要です。

また、自身が勤めている企業の、経済経営系のニュースを確認しておくことも、とても大切です。仮に、企業が不祥事を発生させても、大々的にその不祥事を公表することは、あまりありません。しかし、新聞や雑誌などでは、経済経営のところで詳しく報道されることがあるので、雇用されている会社の状況を知ることができます。また、日本国内では報道されていない場合でも、海外の新聞やニュースでは詳しく分析していることは、よくあります。

経済経営系のニュースを確認するためには、海外メディアのチェックが欠かせません。海外では、数多くの経済新聞が発行されており、世界中の市場分析が誌面でなされています。また、海外発行のものでは、経済雑誌も非常に多く、詳細な報道を読むことができます。日本の企業や経済は、海外からの影響を強く受けています。海外の経済経営系の報道や分析を知ることで、日本国内でどのような影響があるか、予測することができます。また、海外の経済経営系のニュースは、音声でなら無料で公開されていることも多いです。

日本の企業は、海外の市場に依存していることが多いです。仮に、海外市場の状況が悪くなると、日本国内が好景気でも、企業の業績が悪くなる可能性は、十分にあり得ます。また、投資をする場合でも、投資した企業の商品やサービスは、海外で主に売られている可能性があります。日常的に、経済経営系のニュースをチェックしておくことで、急な市場の変化に対応ができます。

人とうまく付き合う方法は一つしかありません

これからは世界というレベルで経済経営が必要となるという気がします。というのは、どんどんと世界のグローバル化が進んでいるからです。今使っている検索エンジンは海外企業のものですし、日本語も英語も人工知能によって、あっという間に全ての言語に変換されるような時代となっています。このグローバル化は通貨レベルでも起きていて、仮想通貨という国が関与しない新しい通貨が出てきて流通するというようなことがおきているのです。正に国という枠を超えて世界が大きな経済圏で動いているということになってきているわけです。
ですから、経済経営を世界レベルで考えることが、これからの人には求められるようになってきていると実感しています。ですが、世界各国の国のトップはこれが良く分からない人がなっているような気もします。なんと自国主義が今は世界の主流ともなってきているのです。びっくりするのはこの日本でも自国主義が万円しています。自国主義というのは簡単に言ってしまうと、自分さえよければ後はどうでもいいというものです。この考えでは、到底世界とは上手くやっていくことは出来ないのですが、それを国のトップにしてどうにかしてくれというのはあまりにも自分勝手といってもいいでしょう。
人とうまく付き合う方法は一つしかありません。それはウィンウィンの関係を気づくことです。誰が好んで自らが不利になるようなことをするでしょう。自分の事しか考えないということを宣言している人をトップに据えて、これでいいなどといっていてはとんでもないことになるでしょう。まず、相手にされることすらありません。ですから、世界的な経済経営が考えられる人になることが必要になるわけです。
今は間違いなく、世界と関わりを無くして生きていけることはありません。となれば、どうやって相手と仲良くするのかということを考える必要があります。仲良くするというのは、うまく経済経営をしていくということを意味します。どちらかが一方的に損をしたりすることがないようにするわけです。この感覚を多くの人が持つことが必要だと思います。自分だけが損をしていると感じていたりするので、自国主義のようなことを考えてしまうのでしょうが、損をしているというこの考え事態が危険です。何故なら別に誰も今の状態を自分に強いているわけではないからです。誰にも強いられることなくその状況にありながら、誰かのせいのように考えてしまっては、その考えが他の人に受け入れられることはないと考えた方がいいでしょう。