ビジネスマンは経済ニュースに敏感でいる必要があります

食品販売で最も重要なことは鮮度です。腐っている商品を陳列するのは論外ですが、鮮度が落ちている食品を陳列するのも同じくらい、もしかしたならばそれ以上にマイナスの影響が発生します。もし鮮度が悪い商品を並べているお店があったならそのお店はいつかは閉店に追い込まれるはずです。
鮮度が大切なのは食品だけではありません。実は衣料品も同様です。衣料品は食品のように腐ることはありません。ですが、鮮度というのはやはりあります。しかもその鮮度は衣料品においては食品と同じくらい、もしかしたならそれ以上に大きな要因です。時代が求める衣料品というのは間違いなく存在し、時代が求める衣料品を販売できないお店は必ず倒産します。なぜなら誰からも支持を集めないので売れないからです。お店や企業は売上げがあって初めて成り立つものです。その売上げが望めないのですから倒産するしか道は残されていないことになります。
このように経済の世界においてはどんな業種であろうとも鮮度というのはとても重要です。そして、鮮度を常に新鮮にしておくためにはニュースに関心を持っておくことはとても大切です。ニュースとは世の中の動きや流れを紹介するツールですのでそのツールを見逃すことは鮮度を悪くすることにつながります。
しかもニュースはいろいろな業界、ジャンルについての情報が大切です。例えば、衣料品業界が衣料品だけの情報を大切にするのではなく、それこそ政治から経済、社会面、スポーツ、教養、科学などあらゆる分野の情報に接していることが大切です。その理由は、今の時代はいろいろなことが複雑に絡み合っていてどこからでもヒット作が生まれる可能性があるからです。
例えば、あるアニメがヒットしたならそのアニメに登場したお菓子や地域が注目を集めることがあります。そのときに注目を単なる「注目された」で終わらせるではなく、それを社会現象にまで盛り上げることがお菓子の売上げの増大に発展したり、地域おこしに貢献したりします。ですから、いろいろな情報に接していることはとても重要です。
そして、いろいろな情報に接するにはそのために工夫をすることも必要です。それぞれの分野において最も早くピンポイントで情報を紹介するツールを手に入れる努力が求められます。どんなに役に立つ情報であってもタイミングがとても大切です。少しでも古くなった情報はもやは「情報ではない」というくらいの考えで情報に接する気持ちが大切です。「経済は情報が制する」と気持ちで仕事をするのが賢明です。